多治見国長邸跡

多治見国長

鎌倉時代末期を駆け抜けた多治見の武将

多治見国長(正応2年-正中元年・1289-1324)は、美濃国(岐阜県南部)の守護・土岐頼貞(ときよりさだ)の同族。後醍醐天皇の鎌倉幕府討伐計画に参加するも、一族の妻の密告により計画が発覚します。国長公の京都の宿所は六波羅探題の軍勢三千余騎により包囲されますが、わずか20人で勇敢に戦った末に非業な最期をとげました。これを「正中の変」といい、「太平記」などにも記されています。

現在も「ぎんざ商店街」の一角に残る「多治見国長公遺址」。かつては国長公の屋敷がここから西南に縦横100m程あったといわれています。明治13年の明治天皇巡幸の際に、遺跡として保存するために小さなほこらを建てて、霊を祭ったそうです。

 

【現在も残る国長公の面影】

多治見まつり(毎年11月3日に開催。武者行列では市長扮する国長公の他、土岐一族も揃って市内を練り歩きます)
国長橋(昭和35年に土岐川に架橋された橋の名前。地元陶芸作家によるオブジェが飾られています)
多治見市の市章(桔梗の花は土岐氏の家紋で、多治見氏の紋所でした)
国長公の腰刀(後醍醐天皇から授かったという腰刀が、重要文化財として京都国立博物館に保管されています。)

住所 多治見市新町 ぎんざ商店街の広場の隣
時間 常時開放
アクセス 多治見駅から徒歩約10分
多治見国長

多治見国長

多治見国長公遺

現在も「ぎんざ商店街」の一角に残る「多治見国長公遺址」。かつては屋敷がここから西南に縦横100m程あったといわれています。明治13年、明治天皇巡幸の際に、遺跡として保存するために小さなほこらを建てて霊を祀りました。

多治見国長

多治見国長像

1289-1324(正応2年-正中元年)
毎年11月3日に開催される「多治見まつり」では、国長役が武者行列の主役となり、市内を華やかに歩きます。

ボランティアガイド

ガイド方法

陶都創造館前で待ち合せ後、徒歩でご案内いたします。移動時間は片道10分程度です。

 

標準ガイド時間

移動時間を含めて30分