大薮のしだれ桜

大薮のしだれ桜

樹齢140年のしだれ桜の古木

神明神社の境内で、細長く伸びた枝いっぱいに花を咲かせる大藪のしだれ桜。田んぼが広がるのんびりとした景色の中で、その美しさがひきたちます。多治見市の天然記念物として、地元の方によって大切に手入れされています。境内にある他のしだれ桜も、最初の1本から株分けされたもの。子ども達の桜に囲まれて、どっしりと枝を伸ばして花を咲かせます。
桜の開花期間は、夜のライトアップもあります。(21時まで)

住所 多治見市大藪町1386 神明神社内
時期 4月上旬
駐車場 一般駐車場/無料 神社横の空き地
バス駐車場/なし
アクセス 多治見駅から太多線「姫駅」下車 徒歩15分
大薮のしだれ桜