多治見市モザイクタイルミュージアム

多治見市モザイクタイルミュージアム

日本最大のモザイクタイルの生産地、笠原町に誕生したタイルのミュージアム

多治見市笠原町で、昭和初期から生産されはじめたモザイクタイル。表面積が50平方cm以下の小ぶりなタイルは、その色の豊かさ、形の面白さで日本国内のみならず、世界中の人々の暮らしを豊かに彩ってきました。 ミュージアムでは、膨大なコレクションを生かした国産タイルの展示や、地元のタイルメーカーと連携した年数回の企画展を開催します。また、タイルを身近に感じられるショップや、簡単なものから難易度の高いものまで、様々な作品作りが楽しめる体験スペースもあります。
可愛らしい外観は建築家 藤森照信氏による設計・デザイン。やきもの産地で目にする「採土場」をイメージした小山のような形です。

住所 多治見市笠原町2082番地の5(旧笠原町役場跡地)
時間 9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
定休日  月曜(休日の場合は翌平日)、年末年始
料金 個人 常設300円
    年間パスポート 1,000円
団体(20名以上) 常設250円
※高校生以下は無料
※企画展の場合は別に定めます
アクセス 多治見駅から東鉄バス東草口行き、または曽木中切・羽根行き 「モザイクタイルミュージアム」下車
電話

0572-43-5101

Webサイト http://www.mosaictile-museum.jp
その他

藤森照信セレクトのモザイクタイル展示、ギャラリー、展示室、タイルコンシェルジュカウンター、体験工房、ミュージアムショップ

多治見市モザイクタイルミュージアム 多治見市モザイクタイルミュージアム