虎渓山永保寺

虎渓山永保寺

四季折々の景色に癒される名刹

鎌倉時代(1313年)に開創された、小高い虎渓山に佇む禅寺。正式名称は臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺。「虎渓」の名前の由来は、夢窓疎石がこの地を訪れた際、中国 蘆山の虎渓の風景(現在は世界遺産)に似ていたことに由来すると言われています。
鎌倉末期に建てられた「観音堂」と「開山堂」は国宝に指定され、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。11月下旬には樹齢約700年の大銀杏をはじめとする紅葉が見事で、市民や観光客を魅了します。毎年3月15日には収蔵してある貴重な文化財や史料の一般公開が行われます。
2003年の火災で本堂と庫裏が全焼しましたが、再建を願う市民を中心とした募金活動によって2007年に庫裏が、2011年6月に本堂が、以前と同じ姿で再建されました。
また2011年より、国宝観音堂内や境内を使った「禅式結婚式」を行っています。記念に残る特別な式を挙げることが出来ます。

住所 多治見市虎渓山町1-40
時間 7:00~17:00
定休日

団体様の受け入れを制限する日がございます。

永保寺へ直接ご確認ください。

料金 無料
アクセス

多治見駅(北口)から東鉄バス小名田線「虎渓山」下車

徒歩5分

多治見駅から徒歩約30分

電話 0572-22-0351
Webサイト http://www.kokei.or.jp
その他

事前に入山許可を申請が必要。申請書は永保寺HPからダウンロード可能。

雲水の修行の場のため、マナーを守り見学してください。

虎渓山永保寺 虎渓山永保寺

名勝庭園内無際橋

名勝庭園内 無際橋(むさいきょう)

池の此岸(煩悩にまみれた世界)と彼岸(煩悩から解放された世界)を結ぶ橋。無際とは限りのない永遠という意味で、此岸も彼岸も表裏一体ということを表しています。

虎渓山永保寺大銀杏

大銀杏

永保寺の開山 仏徳禅師が700年前に植えたといわれる銀杏の大木。11月下旬には黄金色に色づきます。

虎渓山永保寺国宝建造物観音堂

国宝建造物

観音堂 正称 水月場。鎌倉時代の正和3年(1314年)に、夢窓国師により建立されたといわれる日本で唯一現存する仏殿です。須弥檀上には聖観世音菩薩坐像が祀られています。

虎渓山永保寺国宝建造物開山堂

国宝建造物 開山堂 正称 無相堂

足利尊氏の寄進により、室町時代の文和元年(1352年)に建立されたとされます。祠堂には夢窓国師と仏徳禅師の塑像が安置され、その背後には仏徳禅師のご遺骨が納められています。

紅葉の秋・雪景色の冬

虎渓山永保寺の、国の名勝に指定される美しい庭園が最もひきたつのが、秋の紅葉の時期。燃える様に色づくモミジが池を囲み、樹齢680年の大銀杏が黄金色に輝く眺めは、しばし時間を忘れさせてくれます。平成15年の火災では、大銀杏も半分が焼けてしまいましたが、傷跡を感じさせることなく力強く色づく銀杏には多くの人が励まされます。普段は静寂に包まれる永保寺ですが、秋は多くの写真愛好家やバスツアー客で賑わいます。

夏は暑い多治見も、山間部のために冬は冷え込み、積雪もあります。雪の降った朝は、写真愛好家が虎渓山永保寺へ駆けつけ、水墨画のような景色に夢中でシャッターをきります。

虎渓山永保寺
虎渓山永保寺
虎渓山永保寺
虎渓山永保寺

ボランティアガイド

ガイド方法

永保寺駐車場で待ち合わせ後、徒歩でご案内いたします。

 

標準ガイド時間

1時間~1時間30分

 

700年の歴史的価値はもとより、お堂の桧皮葺が天を突く様、悟りとは、を問いかける名勝庭園など、 多治見にこんなに素晴らしい場所があったのかと、皆様もきっと感動いただけます。
なお、永保寺は雲水の修行の場所です、なるべく静粛な拝観にご協力いただければ幸いです。